<< vs2005とMapMode | main | vs2005とエディットコントロール >>
2006.04.25 Tuesday

vs2005とメモリ使用量

vs2005でコンパイルしたプログラムを実行して、タスクマネージャーで動作を見てみると妙にメモリ使用量が多いことに気がついた。

何も凝ったことをしていないのに25MByteとか使ってる。いくら何でもこれはおかしいので、いろいろと原因を調査。プロジェクトの設定をいろいろいじってみたけどだめ。エントリポイントを書き換えて、ライブラリをすべて外してみたけどこれもだめ。

実行を追いかけていくと・・・ ShowWindow()がかかった瞬間に、一気に20MByteぐらいメモリ使用量が増えてる? ん〜・・・ いかにも、マイクロソフトらしい謎な動作だ。

ためしに、同じプログラムをWindows 2000に持って行くと、メモリ使用量は常識の範囲内。って事は、XP以降の謎仕様? なんだかありそうだけど・・・ どこかに、その仕様の説明はないのかよw


さらにいろいろ探していくと、こんな資料を発見。

トップ レベル ウィンドウがアイコン化されるとき、アプリケーションのワーキング セットが切り捨てられます。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;293215

で、実験してみた。

プログラム起動 → メモリ使用量は25MByte
プログラムを最小化 → メモリ使用量は324KByte
プログラムを復元 → メモリ使用量は2MByte

どうやったら、こんなあり得ない仕様を作れるんだ_| ̄|○
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM