<< Perlのお話2 | main | vs2005と標準化。 >>
2006.03.23 Thursday

Perlのお話 - 漢字と改行

とりあえずUNICODEは置いとくとして、普通のPerlを使う限りはShift JISかJISかEUCか、漢字コードを意識して書かないと文字化けが起きる可能性がある。っていうか、文字化けする。

じゃぁ、どれを使うべきか?

Shift JIS

Windows/Mac環境なら使いやすい。Perlで使ったらマッチングで失敗する可能性がある。

JIS

使いにくい。マッチングも不安。

EUC

使いにくい。少なくとも異常なマッチングはない。


果てしなく簡単にまとめると、それぞれの長所短所はこんな感じ。で、どうするべきか・・・ ユーザーから漢字の入力が全くなければ、Shift JISで通しちゃって問題ない気がする。どうしてもマッチングが必要なら、その部分だけEUCにして処理をして、またShift JISに戻すってのも可能。

JISを前提にするのはメリット無さそう。内部でマッチングを多用するならEUCって感じ? 開発するときはShift JISで書いておいて、サーバーに転送する時点でEUCってのも選択肢としてはあり何だけど、手元で動作テストするのが面倒になるんだよなぁ。

そもそも、漢字でマッチングを多用するようなスクリプトをPerlで書かないってのが正解かも。

改行の方はLFのみで確定。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM